成績アップは早寝早起きの習慣から

皆さん、こんばんは。個別学習のセルモ尾頭橋教室です。一学期の定期テストが終了しましたね。目標点を超えることはできたでしょうか。十分な準備をして臨んだ皆さんにはきっと良い結果が出たと信じます。そうでなかった皆さん、確りとテストの振り返りをしておいてください。テストの点を見るだけではなく、学習計画も必ずチェックしてくださいね。科目毎の学習時間は十分だったか、学習計画は実行できたか、などなど。もっとこうすれば良かったことは是非次回の定期テストに活かしてくださいね。

さて、今回のお話は、生活習慣に関わるお話です。当教室では塾生の皆さんの日の生活リズムをお聞きしています。起床から就寝までどのように時間を使っているか、円グラフを用意して平日部活有無、休日に分けて描いていただいています。最近は中学生の就寝時間が遅くなっていることがかなり心配です。それ故、悪循環になっているのです。つまり、朝寝坊をする、朝食を食べずに登校する、授業に集中できない、授業中に居眠りをしてしまう。先生に注意されるこれでは良い成績を目指そうとしても難しいと言わざるを得ませんね。当教室の塾生にも中間テストはまずまずの成績だったけれども、期末テストは大幅ダウンしてしまった生徒がいます。話を聞いてみると、昔懐かしい一夜漬けに近いことをしていたそうです。記憶は睡眠中に定着するということがこれだけ多く取り上げられているのに凄く残念に思いました。

では、どうすれば良いでしょうかヒントを差し上げましょう。毎朝気持ちよく目覚めることができるように、早寝してください。勉強時間が足りないということでしたら、その分早起きして朝に時間を作ってください。朝早い時間から頭がすっきりしていたら、テストにも十分なコンディションで臨めるのではないでしょうか。受験生の皆さん、定期テストだけでなく、模擬試験実際の入試に備えるために重要なことなんですよ。

当教室の授業終了は21時です。これは塾生たちが帰宅後ある程度時間を使えるように考えた結果です。たとえテスト期間であったとしても、遅くともその日の内には寝ていただきたいと思うのです。

私立高校を目指す受験生の皆さん、私立高校入試には二学期の成績が重要です。二学期をすっきりとした頭で過ごすことができるように、是非夏休みから早寝早起きを徹底してみてください。

皆さんの夏休みが有意義なものになるように祈っています。

それでは、皆さん、ごきげんよう