マークボラン

TRexの質問があって色と思い返してみたが自分の中ではイマイチ像がはっきりしない人だ。

GetItOn、MetalGuru、TelegramSam等、昔から聴いていて結構好きなんだけど同じグラムでもの頃のディッドボウイよりもチープな感じがする。

グラムといえばハデハデなイメージだが長い間、動いているボランを観たことがなかった。

10代、20代の頃にテレビで観た記憶がない。

評論家は才能溢れる人だったと絶賛していたが、かなり傲慢な人でもあったようだ。

TRexといえばGetItOnのイメージだったが大ヒット映画に使われたおかげで20thCenturyBoyの方が一般に浸透した感がある。

TRexの前のRexではドノァンばりのアシッドフォークをやっていた。

等、断片的で矛盾した印象。

ネットで観るマークボランは堂とギターを弾きながら歌い、スターらしくカリスマが感じられる。

しかしやはり常に周囲から浮いた存在に見える。

長年の相棒であったペレグリントゥックを用済みにヒッピーに見切りをつけ、グラムに転向、エルトンジョンやミックジャガーに喧嘩を売り、ブームの終焉とともにパンクに擦り寄る

他人を絶対認めない人だったのだろう。孤独の人。

TRex100マークボラン。バンドのサウンドではない。

GetItOnのイントロ、1人でできるもん!バージョン。

チャッ、チャッ、チャチャッ、チャのところは1、2弦開放でもいいが休符のキレを重視して押弦するポジションにした。

5弦4フレットは中指で押さえる形になる。

パターンをしっかり覚えてリズムキープ出来るとカッコいいから20thCenturyBoyよりオススメだ。

広告を非表示にする