7月8日チームN目撃者公演

ヲタ活再開はやはり難波から。今年は一般枠しか当たらない代わりにいつもより短い間隔で入れております。ヲタの頭数が減ったのが理由だとすれば複雑な気持ちにもなりますが、とりあえず入れる頻度が増えたのは喜ぶべきかなとも考えます。

さて今回入ったのはチームN目撃者公演。新チームになって初のチームN公演でした。

今回の出演メンバーはこちら。

事前キャンセルの多さは相変わらずですねまあ、これでも減った方ですが。

七夕ということで、ロビーには七夕飾りが。

なぎさとあいりの共同作業が笑いましたwww。

影アナ

小嶋

ユニット

10クローネとパン日下、山尾、小嶋、東、堀

おNEWの上履き市川、山本加、溝川

スキャンダラスに行こう谷川、古賀

フィンランドミラクル須藤、内木、三田

抱きしめられたら林、松村、石田

後半曲の美しき者やアンコール明けのずっと、ずっとPioneerのパフォーマンスを見るとあっ!。目撃者公演だな。って感じますね。欲を言うとユニットはオリジナルのままにして欲しかったなと。ユニットをいじると演目としてのストーリー性が崩れますからね。ただ、盛り上がりという面では?のつく演目でもあるので、それを考えると仕方ないのかなと思う部分も。

しかし、全体を通して見ると楽しかったには違いないです。やはり百聞は一見にしかずですね。食わず嫌いは良くないです。ユニットをいじった点がどうしても引っ掛かって、これまで避けてた部分がありました。しかし、実際に入ってみると楽しかったですし、入って良かったことには違いありません。

今回真っ先に目がいったのはこじりんですね。研究生とは思えない存在感と独特なキャラが面白いです。私自身48グループに興味持ったきっかけがこじはるだっただけに、小嶋という名前もポイントかもですwww。

あーやんは噂に違わぬ大物っぷりを感じます。全体曲でもセンターを任されるところに期待度を感じます。

みおりんは最年長とあって、完全にみんなのお姉さん的存在ですね。しかし一方で合法ロリぶりも健在です。

なるちゃんも最初に見た時に比べてかなり大人っぽくなりましたね。しかし見た目は成長してもアホキャラぶりは健在。自己紹介を間違える大ボケぶりもwww。

前Nは他に比べてMC力が課題でしたが、まおきゅんというMC巧者が加わって、面白さが出てきたなと思います。しおんの不思議キャラもまた、MCには良いスパイスになってます。

そしてりりぽんのことにもやはり触れておかないといけません。

騒動後初めて劇場で見たわけですが、元気そうにパフォーマンスしてる姿を見て安心しました。自らが蒔いた種とはいえ、色叩かれて大変だったと思います。運営からもかなり怒られたでしょう。しかし、間違いは誰にでもあります。それに社会のルールは決しておかしてはいないわけですからね。卒業までの短い時間ではありますが、こうやって全力でパフォーマンスをしていれば、きっとファンも最後は笑顔で送り出してくれるはずです。コールもかなり大きかったですし、きっと今日入ったファンはみんな最後までりりぽんのことを応援してくれるはずです。

東京出身のりりぽんにとって、慣れない大阪での暮らしは大変だったと思います。しかしこのキャラクターが個性派揃いのNMB48には合ったのかなと思います。今やすっかり大阪にも馴染んだ感があります。それだけにこのような形でグループを去るのはもったいない気がしますが、卒業してからも幸せな人生送って欲しいです。

初めて入る演目で色新鮮でした。Nは他のチームに比べて平均年齢も高いので、この演目は合ってると思います。大人っぽい曲が多かったり、ダンスが難しかったりと、かなり難易度の高い演目です。しかし、そんな演目にしっかりチームの色をつけていけば、必ず良い公演になっていくと思います。

お見送りでのモカちゃんとのモカパンチは、なぎさの待ち合わせやれいにゃんの寿司ポーズに続く定番になりつつありますwww。お見送りで楽しませてくれるメンバーもまた良いですね。

以上、レポ終わります。